盗塁王を目指そう!

少年野球練習方法RANK

盗塁王を目指そう!

盗塁に成功するとそれだけ得点を稼げる可能性が高くなりますけど、上手く盗塁が決まると気持ちいいですよ。ここで取り上げるポイントを押さえて、少年野球の盗塁王を目指しましょう。


まず、盗塁を成功するためにはリードを取りますけど、牽制球が来たときにちゃんと帰塁できる距離にいることが大事なんですね。より成功する可能性を高めるためには、牽制球が来たらアウトになるかもしれないギリギリのところまでリードしたほうがいいですね。ちなみに、これは一塁から二塁を目指す場合で、あとはあまりリードを取り過ぎないように注意する必要がありますよ。


それから、リードには二次リードがあるんですけど、これはピッチャーが投げたあとに1~2歩取るリードのことなんです。これをすることにより盗塁成功の確率はアップしますから、少年野球の練習でやってみましょう。


二次リードを取って走り出したらあとは全力で次の塁を目指すだけです。次の塁の2メートルくらい手前からフックスライディングを行い、タッチを回避できるように練習するといいですね。


また、牽制球がくるかどうか見極める方法があれば知りたいという人もいるでしょうけど、これは軸足ではなく別の足がこちらに向くかどうかで判断するといいですよ。


少年野球の練習や試合でどんどん盗塁を成功させて、ピッチャーに嫌がられる存在になりましょう。


もっと!盗塁王を目指そう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 盗塁王を目指そう!
  2. リードを取れるようになろう!
  3. スライディングを使い分けよう!
  4. 走塁はどんなところに注意すればいいの?