スライディングを使い分けよう!

少年野球練習方法RANK

スライディングを使い分けよう!

スライディングにはいろいろありますから、少年野球の試合で使いこなせるように練習しましょう。また、状況に応じて適切なスライディングの種類を考えることなく自然に使えるように練習することが大事ですよ。


まず、ストレートスライディングですけど、これは真っ直ぐ伸ばした右足の下に直角に曲げた左足がくる形になります。ベース手前からこの体勢(手は地面に着けない)で飛び込み、ベースに伸ばした足が届けばいいです。なお、伸ばす足、曲げる足を逆にした練習もしておくといいですよ。走塁し、ベースで急にストップするとケガに繋がりますから、上手くスライディングできるように練習しましょう。


次にヘッドスライディングですが、両腕を伸ばして胸と腹で滑り込み、手をベースに着ける形になります。姿勢を低くして片足で踏み切るのがポイントですね。少年野球の練習時や試合中にピッチャーが牽制してきたらヘッドスライディングをしましょう。


それからフックスライディングもありますが、これは曲げているほうの足をベースに着ける形になります。伸ばしているほうの足と上体はベースの外側にくるようにし、タッチを回避しながら曲げている足をベースに着けます。ホームの場合は曲げている足でホームを蹴るように動かし、タッチを回避しましょう。フックスライディングも少年野球の練習をするなら足を左右逆にして練習しておくといいですよ。


もっと!スライディングを使い分けよう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 盗塁王を目指そう!
  2. リードを取れるようになろう!
  3. スライディングを使い分けよう!
  4. 走塁はどんなところに注意すればいいの?