幼い頃の佐々木主浩の話

少年野球練習方法RANK

幼い頃の佐々木主浩の話

佐々木主浩選手は大魔神というニックネームで愛された、メジャーリーガーとしてプレイした経験のある選手でしたね。佐々木選手は宮城県仙台市に生まれ、小学校2年生のとkに少年野球を始めたのですが、はじめから投手としてプレイしていたわけではなく、捕手として少年野球をプレイしていたんです。


しかも、捕手というと現役時代の迫力ある体をイメージするかもしれないですけど、少年野球を始めた頃の佐々木選手は気持ちが弱く、体の線も細かったんですよね。これは本人の話なのですが、意外なことにいじめに遭っていたというほどなんです。少年野球のチームに入ったのは小学校4年生のときですが、その前には友達とチームを組んで野球を楽しんでいたという話ですね。


また、佐々木選手の家は牛乳販売店だったのですが、幼い頃から毎日牛乳を飲むのを習慣にしていました。そのおかげなのか身長が高くなると次第に野球の実力も高まり、名前が知られるようになっていったんです。


プロになるのを本格的に考えるようになったのは大学4年生の頃といっていましたが、メジャーリーガーになるという夢は少年野球をしていた頃から抱いていたとのことでした。


なお、佐々木選手はテレビ番組で腕を振るうほどの料理上手としても有名なのですが、メジャーリーガーとしてプレイしていた頃も食事の管理は自分で行っていたという話です。


もっと!幼い頃の佐々木主浩の話!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 幼い頃の佐々木主浩の話
  2. 幼い頃のイチロー選手の話
  3. 少年野球で使用する道具は何?
  4. まわりの協力も必要ですね