幼い頃のイチロー選手の話

少年野球練習方法RANK

幼い頃のイチロー選手の話

幼い頃のイチローの話をするにあたって、お父さんの存在は非常に重要なんですね。小さい頃から将来プロ野球選手になるという目標を掲げ、努力を惜しまなかったことがよく知られているイチローですけど、お父さんの支えがあったからこそ才能が開花したんです。


イチローが野球を始めたのは3歳のときなのですが、それ以降は野球漬けの毎日を過ごしていたんです。日中は町営のグラウンドで練習し、そのあとさらにバッティングセンターで腕を磨いていたのですが、いつもお父さんが付いていたんです。


イチローのお父さんはイチローを褒めることにより能力を伸ばす方針をとっていました。朝と夜にはイチローの足裏マッサージを毎日のように行うなど、少年野球に打ち込むイチローを支えていたんですね。


また、イチローは少年野球をしている頃、小学校の卒業文集でプロ野球になるという夢を持っていること、夢を現実のものにするためのプロセス、夢が現実になったときにしたいことまでしっかりと書いていたという話があるんですよね。思考能力が少年野球をやっている頃から優れていたことがうかがいしれます。


はっきりとした夢を持ち、その夢を叶えるにはまず文章にすることが大事だという話がありますが、少年野球時代のイチローはちゃんとこれをやっていたというわけですね。そしてその夢が持っていたから努力することをやめなかったのでしょう。


もっと!幼い頃のイチロー選手の話!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 幼い頃の佐々木主浩の話
  2. 幼い頃のイチロー選手の話
  3. 少年野球で使用する道具は何?
  4. まわりの協力も必要ですね