正しいボールの握り方を覚えよう!

少年野球練習方法RANK

正しいボールの握り方を覚えよう!

野球をかじったことがある人なら誰でもわかることですが、そうじゃない人が意外と知らないのがボールの握り方です。ただ持って投げるのは正しくありませんから、子供が少年野球をすることになったら、正しい握り方の練習をするといいですよ。


ボールを正しく握るのは少年野球の基本中の基本といえるのですが、まず球を見てみましょう。縫い目がありますよね。この縫い目に人差し指と中指をかけます。あと親指はボールの中心にくるようにします。残りの指は自然にボールに添えるといいですね。


これが基本の正しい握り方です。どうしてこのような握り方をするのかというと、縫い目に人差し指と中指をかけるのは球を投げるときに回転を強くするのが目的なんですよね。あと親指がボールの真ん中にくるようにするのは回転をきれいにかける目的があるんです。


少年野球のチームに入るまでは友達や親とキャッチボールをする練習方法や壁に投げる練習方法がありますが、このときには正しい握り方ができているかどうかチェックしながら練習する必要がありますね。変なボールの握り方が癖になると改善するのが難しくなってしまいますから、最初にきちんとした握り方を習得しておいたほうがいいですよ。


もっと!正しいボールの握り方を覚えよう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 伸びのある球を投げる練習をやろう!
  2. 投球フォームを作るときに気を付けることはある?
  3. 投球のコントロールを良くする練習をしよう!
  4. 変化球練習時のポイントは?
  5. キャッチボールの練習のコツを教えて!
  6. 正しいボールの握り方を覚えよう!