伸びのある球を投げる練習をやろう!

少年野球練習方法RANK

伸びのある球を投げる練習をやろう!

伸びのある球を投げるにはどんなことに注意して練習したほうがいいのか、これは自分が球を投げるときの手にまず注目してみるといいですよ。ボールの握りは縫い目に沿って人差し指と中指がチョキの形になっていますけど、このチョキの形が斜めに傾いてないでしょうか。


もし斜めになってるようでしたら、ボールがイマイチ伸びない原因はそれでしょうね。斜めの状態で球をリリースすると回転も斜めにかかりますから、回転が悪いボールになってしまうんです。少年野球の練習をする際にチョキの形が斜めに傾かないように球を投げるとボールの伸びが良くなりますよ。


斜めのチョキになってるのが癖になっていたら、毎回意識しながら練習しておくことで改善するしかありませんね。キャッチボールをしているときから注意しながらボールを投げて、伸びのあるボールになるように修正していきましょう。


ちなみに、これはピッチャーに限ったことじゃないんですよね。ほかのポジションを担当している子供にもいえることですから、少年野球をはじめてピッチャーにならなかったとしても、この点に注意して送球することは大事なんです。まだ少年野球のチームに所属していない子供も、変な癖が付く前に真っ直ぐのチョキの状態で球を投げる練習をしておくといいですね。


もっと!伸びのある球を投げる練習をやろう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 伸びのある球を投げる練習をやろう!
  2. 投球フォームを作るときに気を付けることはある?
  3. 投球のコントロールを良くする練習をしよう!
  4. 変化球練習時のポイントは?
  5. キャッチボールの練習のコツを教えて!
  6. 正しいボールの握り方を覚えよう!