変化球練習時のポイントは?

少年野球練習方法RANK

変化球練習時のポイントは?

少年野球を始めたらピッチャーになって変化球を練習したいと思っている子供もいるかもしれませんが、少年野球で変化球を使用することは認められてないんですよね。なんでかというと少年野球をしている子供の肩などを保護するという目的があるからなんです。たしかに選手生命のことを考えると理解はできます。


そのため、少年野球のピッチャーは基本的にストレートしか使用できないということになりますが、カーブなんかを使えなくても、スローボールを上手く使うことで打者をだますことはできるんですね。なので、ピッチャーになりたい子供はスローボールを習得しておくといいですよ。


スローボールを練習するときのポイントなんですけど、これは普通のストレートを投げるときと腕の振りやフォームが同じなことが大事なんですね。それと、緩い球を投げるときは通常のストレートを投げるときより地面のほうに指を引きながらリリースすると腕の振りの速さ変わりにくくなりますよ。


あと、全力投球するような表情でスローボールを投げるとより効果的ですよ。それと、相手のタイミングを狂わせるために投球の間を変えながら投げるのもいいですね。


ちなみにですが、少年野球の練習でピッチングをする場合には、投球数が多くなり過ぎないようにしないといけませんよ。あまり投げ込むと肩などに負担がかかりますから、無理のない範囲で練習しましょうね。


もっと!変化球練習時のポイントは?!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 伸びのある球を投げる練習をやろう!
  2. 投球フォームを作るときに気を付けることはある?
  3. 投球のコントロールを良くする練習をしよう!
  4. 変化球練習時のポイントは?
  5. キャッチボールの練習のコツを教えて!
  6. 正しいボールの握り方を覚えよう!