盗塁を刺す練習をしよう!

少年野球練習方法RANK

盗塁を刺す練習をしよう!

キャッチャーの見せ場というと盗塁を刺すことが挙げられますけど、少年野球でキャッチャーをすることになった場合には練習してバンバン盗塁を刺せるキャッチャーになりたいですよね。


少年野球でキャッチャーをするときどういうところに注意して練習すればいいかというと、二盗のときと三盗のときであるんですよね。


二盗のときにはピッチャーの顔面めがけて思いっきり投げることが大事です。少年野球チームではキャッチボールの練習をしますけど、このときから山なりのボールを投げるんじゃなく、直線的なスピードのあるボールを投げるようにするといいですよ。


次に三盗のときですけど、右バッターがいる場合、内角に構えるとスムーズに避けながら送球することができますね。あと、送球するときには右足を左足の後方にサッと引いてバッターを避けながら送球すると盗塁を刺しやすくなりますよ。


それから、少年野球のキャッチャーの場合、二塁や三塁にボールがノーバウンドで届かないことを気にしている子供がいます。これは練習で遠くに投げられるように頑張るしかないんですけど、現状で届かないようならワンバウンドでも速い球を投げるほうが盗塁を刺すことができる確率はアップしますね。


もっと!盗塁を刺す練習をしよう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 盗塁を刺す練習をしよう!
  2. 内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!
  3. 練習をしてショートバウンドの球を捕れるようになろう!
  4. 捕球から送球の自主練習をして守備力を高めよう!
  5. キャッチャーフライを捕る練習をしよう!
  6. ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?
  7. 守備のファインプレーを狙ってみよう!
  8. フライを捕れるようになろう!
  9. 補給の練習をしてみよう!