内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!

少年野球の練習指導方法 > 少年野球で守備がどんどんうまくなる練習方法 > 内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!
少年野球練習方法RANK

内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!

少年野球チームに所属している子供が内野手をしている場合、中には送球が悪いことを気にしている子供もいるはずです。少年野球チームでの練習時、家での練習時に取り入れたほうがいいことを紹介しますね。


まず、少年野球チームでの練習や家での練習ではキャッチボールをしますよね。このときにはクイックで投げることによって送球が悪いのを改善することができますよ。また、このときには塁間の短い距離でのキャッチボールをすることをおすすめします。


それから、極限にコントロールを良くしようとすると、ものを目の近くに持ってきてから投げないでしょうか?たとえば鼻をかんだあとのティッシュをゴミ箱に投げ入れるとき、ダーツの矢を狙ったところに当てようとするとき自然とそうなりますよね。


これを少年野球でも応用すればいいんですけど、同じ投げ方をするのは無理があります。ですが、なるべく目の付近から送球するようにすれば悪送球になりにくくなりますよ。目の付近というとわかりにくいかもしれませんが、右利きの人の場合は右耳の横からボールを投げるとコントロールが良くなるでしょうね。


練習でキャッチボールをするときには以上の点に注意すると、内野手としての送球の質を高めることに繋がりますよ。


もっと!内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 盗塁を刺す練習をしよう!
  2. 内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!
  3. 練習をしてショートバウンドの球を捕れるようになろう!
  4. 捕球から送球の自主練習をして守備力を高めよう!
  5. キャッチャーフライを捕る練習をしよう!
  6. ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?
  7. 守備のファインプレーを狙ってみよう!
  8. フライを捕れるようになろう!
  9. 補給の練習をしてみよう!