キャッチャーフライを捕る練習をしよう!

少年野球の練習指導方法 > 少年野球で守備がどんどんうまくなる練習方法 > キャッチャーフライを捕る練習をしよう!
少年野球練習方法RANK

キャッチャーフライを捕る練習をしよう!

少年野球でキャッチャーをやりたい、または少年野球チームでキャッチャーのポジションを担当している場合にはキャッチャーフライを捕れるようにならないといけませんね。普通のフライとは勝手が違いますから、ポイントを押さえて練習しましょうね。


まず、練習や試合でキャッチャーフライを捕るにはフライがあがったときに体を反転させましょう。ほかの野手と一緒の体の向きになることで対処しやすくなるんです。どうしてかというとキャッチャーフライは最初後方に高くあがることが多いんですけど、そのあと内野のほうへと軌道が変化するという特徴があるからです。


それから、キャッチャーフライは高く上にあがることが多いですけど、落下点の真下にいるのは良くありませんね。強い回転がかかっている場合が多いだけじゃなく、風の影響を受けて落下点が変化することがあるからです。数歩分フィールド側で体勢を整えておくことによってフライを捕りやすくなりますよ。


あと、少年野球でキャッチャーをする際にはマスクをかぶりますけど、フライがあがってすぐに放り投げるのは好ましくありません。マスクを踏んじゃって捕球を失敗することに繋がるからです。なので、普段の練習から落下点に着いた時点で放り投げるようにしたほうがいいですよ。


もっと!キャッチャーフライを捕る練習をしよう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 盗塁を刺す練習をしよう!
  2. 内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!
  3. 練習をしてショートバウンドの球を捕れるようになろう!
  4. 捕球から送球の自主練習をして守備力を高めよう!
  5. キャッチャーフライを捕る練習をしよう!
  6. ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?
  7. 守備のファインプレーを狙ってみよう!
  8. フライを捕れるようになろう!
  9. 補給の練習をしてみよう!