ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?

少年野球の練習指導方法 > 少年野球で守備がどんどんうまくなる練習方法 > ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?
少年野球練習方法RANK

ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?

少年野球の試合に限った話ではありませんが、試合中にはランナーが内野手に挟まれることがあります。このとき守備側はランダウンプレー(挟殺プレー)をすることになりますけど、これを上手くやるにはどうしたらいいんでしょうか。


まずはポイントからいいますけど、一塁と二塁のあいだでランナーを挟んだ状態になった場合には、なるべく一塁側にランナーを追い込む形にしたほうがいいですね。万が一アウトにすることができなくても、二塁に進まれるのは得点圏に行かれることを意味しますから、一塁側でランナーを追い詰めたほうがいいんです。


あと、少年野球でランダウンプレーの練習をするときには偽投を効果的に使えるように練習しておくといいですよ。偽投というのは投げるフリをすることなんですけど、これにランナーがだまされた場合にはグッとアウトにできる確率が高まるんです。


ちなみに、少年野球に限らずランダウンプレーの失敗で多いのは、たとえば一、二塁のあいだで何度もボールの投げ合いをするパターンなんですよね。ボールを捕り損ねたり、暴投したりして、進塁や帰塁を許してしまうんです。なので、できるだけ少ない回数でランナーをアウトにできるように練習したほうがいいんです。


もっと!ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 盗塁を刺す練習をしよう!
  2. 内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!
  3. 練習をしてショートバウンドの球を捕れるようになろう!
  4. 捕球から送球の自主練習をして守備力を高めよう!
  5. キャッチャーフライを捕る練習をしよう!
  6. ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?
  7. 守備のファインプレーを狙ってみよう!
  8. フライを捕れるようになろう!
  9. 補給の練習をしてみよう!