フライを捕れるようになろう!

少年野球練習方法RANK

フライを捕れるようになろう!

少年野球の試合では、フライの処理をしないといけない場面が多くあります。なので、少年野球を始めたらフライ捕球の練習もしないといけないんです。


少年野球の練習でフライ捕球をするときのポイントですが、まずはフライがあがったら上手く落下地点に移動することが大事です。少年野球を見ているとフライがあがると同時にバンザイの体勢になる子供がいますが、これはスタートが遅くなるので良くありません。少し膝を曲げ、中腰の姿勢で落下地点をフライの行方を見極めましょう。


落下地点がわかったら素早くそこまで移動しますが、このときにはグローブをかざして走ってはいけません。全力疾走でフライの落下地点に到達するよう、ちゃんと腕を振って移動する練習をしましょう。


フライの落下地点に着いたら捕球体勢になりますが、このときには落下地点より少し後ろにいるようにするといいですよ。そうすることで風でフライの落下地点が変わったときにも対応しやすくなるからです。


次に落下してくるまでのあいだですが、少し膝を曲げ、右利きなら左足を少し前に出して、肩の位置にグローブを持ってきておきます。あとはタイミングを見計らって肩の上で1本前進しながらキャッチすればOKです。


ちなみに、捕るギリギリまではグローブは閉じておいたほうがいいですね。グローブを開いた状態で待っているとグローブに視界が妨げられてエラーに繋がるからです。


もっと!フライを捕れるようになろう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. 盗塁を刺す練習をしよう!
  2. 内野手の送球練習でコントロールを良くしよう!
  3. 練習をしてショートバウンドの球を捕れるようになろう!
  4. 捕球から送球の自主練習をして守備力を高めよう!
  5. キャッチャーフライを捕る練習をしよう!
  6. ランダウンプレーが上手くいかない!どうすればいい?
  7. 守備のファインプレーを狙ってみよう!
  8. フライを捕れるようになろう!
  9. 補給の練習をしてみよう!