内角と外角の球を打てるようになりたい!

少年野球練習方法RANK

内角と外角の球を打てるようになりたい!

少年野球の子供が素振りの練習をしている際、たいていはど真ん中にきたボールを想定してやっていますよね。実際に打撃をするときには真ん中のほかにも内角や外角にも球がくるわけですけど、真ん中のタイミングで内角球にバットが当たると詰まってしまうんです。


内角の球を打つには真ん中のタイミングより前でボールをとらえないといけないんですね。ミートしたときにバットがレフト方向に向いていると芯で球をとらえることができますよ。なお、内角球をこのように打った場合には引っ張る打ち方をすることになります。


それから外角にきた球なんですけど、これは真ん中にきたたまよりも後ろでボールをとらえないといけません。ミートしたときにライト方向にバットが向いていると芯でとらえることができますよ。なお、外角球をこのように打った場合には流し打ちをする形になりますね。


これらはバッティングの基本ですので、少年野球の子供が素振りの練習をするときには、頭の中で内角球や外角球がきたことをイメージしながら取り組むことが大事です。また、内角球を流す練習をしたい場合は体を開くことによって球を外角球の位置で打つと上手くいきますよ。少年野球をしている子供はバッティング練習をする際に試してみるといいですね。


もっと!内角と外角の球を打てるようになりたい!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. バッティングの飛距離を伸ばす方法が知りたい!
  2. 選球眼に磨きをかけるためのポイントは?
  3. 内角と外角の球を打てるようになりたい!
  4. バッティングのときヘッドが下がらないようにするにはどうすればいい?
  5. 少年野球の子供のバッティングフォームを作る!
  6. バントの上手い選手になろう!
  7. 少年野球の子供のスイングを速くする方法を知りたい!
  8. バットの握り方に気を付けて練習しよう!
  9. 素振りの練習はどんなことに注意すればいいの?