バッティングのときヘッドが下がらないようにするにはどうすればいい?

少年野球の練習指導方法 > 少年野球でバッティングがどんどんうまくなる練習方法 > バッティングのときヘッドが下がらないようにするにはどうすればいい?
少年野球練習方法RANK

バッティングのときヘッドが下がらないようにするにはどうすればいい?

バッティング練習を行うときにはヘッドが下がらないようにと指導を受けることになるんですけど、少年野球の子供に重いバットを振らせると、ヘッドが下がって当たり前と思っていないでしょうか。実はこれ、少年野球をしているくらいの年齢の子供でも、十分に腕力がある大人でも関係ないんですね。


どういうことかというと、バッドのヘッドは力に関係なく意識的に上げないとどうしたって下がってしまうものなんです。ヘッドが下がっていない状態は肘より上にヘッドがきていることを意味しているんですけど、バッティングでこの状態を作るには脇を締めるといいですよ。


右バッターの場合ですけど、左脇を締めてバットを振るとヘッドが下がらないんです。そのため、少年野球の子供に指導する場合はただ単にヘッドが下がらないようにいうんじゃなくて、右バッターの場合は左脇を、左バッターの場合は右脇を締めて振ることを教えてあげるといいですよ。


脇を締めて振る癖を付けるとドアスイングにならなかったり、スイングのスピードが速くなったり、インパクトの瞬間ボールに上手く力を伝えられたりとバッティング技術が向上しますので、素振りの練習をするときや実際にバッティングの練習をする際には意識して振るようにしましょうね。


もっと!バッティングのときヘッドが下がらないようにするにはどうすればいい?!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. バッティングの飛距離を伸ばす方法が知りたい!
  2. 選球眼に磨きをかけるためのポイントは?
  3. 内角と外角の球を打てるようになりたい!
  4. バッティングのときヘッドが下がらないようにするにはどうすればいい?
  5. 少年野球の子供のバッティングフォームを作る!
  6. バントの上手い選手になろう!
  7. 少年野球の子供のスイングを速くする方法を知りたい!
  8. バットの握り方に気を付けて練習しよう!
  9. 素振りの練習はどんなことに注意すればいいの?