バントの上手い選手になろう!

少年野球練習方法RANK

バントの上手い選手になろう!

送りバント、セーフティバント、スクイズというように、バントはいろいろな状況で使うことが考えられます。少年野球でも使う場面がありますので、練習しておくといいですよ。


まず構え方ですけど、体はピッチャーに対して正対しているのがベストですね。立ち位置はバッターボックスの一番前がいいでしょう。


次にバットの持ち方ですが、右利きの子供の場合は右手をバットの芯のところを、左手はグリップテープの一番上のところを持つといいですね。なお、バットを持つときはヘッドが下にならないようにしたほうが当てやすくなりますし、フライやファウルになるのを避けやすくなりますよ。


あと、少年野球の子供はボールを恐がることがありますが、バントをするときには芯が目の前にくるように構えないといけません。これができないと練習しても上手くならないので、少年野球をするならボールに対する恐怖心を取り除くようにしましょうね。


そして最後にバットをボールに当てるわけですが、このときにはバットを引かず、押すようにしながら先に当てるのがポイントですね。芯だと練習中、右手や顔面に当たってケガに繋がりますからやめましょう。


なお、当然正面以外のコースにも球が投げられますが、低い球がきたら膝を下げ、高い球がきたら膝を上げましょう。ボールが左右にきたときには全身で動いて当てにいくといいですよ。


もっと!バントの上手い選手になろう!!さらなる上達法はこちら


最新の野球指導法はこの専門ページで!



関連記事

  1. バッティングの飛距離を伸ばす方法が知りたい!
  2. 選球眼に磨きをかけるためのポイントは?
  3. 内角と外角の球を打てるようになりたい!
  4. バッティングのときヘッドが下がらないようにするにはどうすればいい?
  5. 少年野球の子供のバッティングフォームを作る!
  6. バントの上手い選手になろう!
  7. 少年野球の子供のスイングを速くする方法を知りたい!
  8. バットの握り方に気を付けて練習しよう!
  9. 素振りの練習はどんなことに注意すればいいの?